VANVES ヴァンヴの蚤の市 vol.3

VANVES ヴァンヴの蚤の市 vol.2のつづき^^

コーヒー飲んで休憩したら、よおし後半戦🎶
お気に入りのものはちゃんと覚えてる。
一回寄っただけでは買いません。
ぜーんぶ見てから、本当に気になったら、
もどって、値切って、交渉成立したら買いまふ。
意外としっかりしてるでしょ?わし^^むふ

a0199262_12472498.jpg


かわいい石膏の型。
動物さんものがすきでふ^^

a0199262_12473426.jpg


この日も蚤の市日和。
ぽかぽかでうれしい🎶9月のパリ、好きでふ。

a0199262_12473802.jpg


ひとつひとつ、抜かりなく見てゆきまふ。
お宝はどこかにひっそり潜んでいるの。

a0199262_12474490.jpg


ごちゃっとしたダンボールと布の山。
こんななかにも、探せばきっと掘り出し物。
安くてお気に入りの柄が見つかるとほんとにうれしい!

a0199262_12520230.jpg

お日様の光を浴びて、キラキラしてるガラス達。

a0199262_12480310.jpg


アンティークのレースに囲まれて、
何かチクチク中のマダムさん。

a0199262_12480975.jpg


古い本もいっぱい。

a0199262_12481401.jpg


そすて!とってもうれすいブース発見〜^0^♡
アンティークのレースやリボンがめちゃめちゃいっぱい!
テーブルの上と、絨毯の上に、
どちゃーっと広げられたレース達。
古さや、大きさ、状態の良さや、手刺繍の複雑具合で
値段はまちまちですが、
かなりお手頃だったので、まとめ買いしよう!

a0199262_12482296.jpg


はいつくばって一生懸命探すいかみ。
ライバルもたくさん出現。
だけど、負けないいかみ。
気になったものはどんどんキープしてゆく。

a0199262_12482639.jpg


お店のマダムは日本の方で、もちろん日本語もペラペラ。
「あなた、いいのいっぱい選ぶわね、なにかしてるの?
日本でお店でも?」と、聞かれる。
「あ、いえ〜お店ではなくて〜^^
チクチク何か作ったり、人形の洋服用に〜・・・
いつか、お店もやりたいです〜^^」
とおはなし。

a0199262_12483257.jpg


黒いレースもいろいろいっぱい!
いっぱい選んだので、まけてくれるとマダム。
もともと安めな設定なのに、かなりお買い得感満載!
あ、ありがたい!あるがとうございます!
レースが一山いっぱい買えたので、なんだか安心♡

a0199262_12491317.jpg


どうしても、ものづくりのパーツやアイテム、
材料から買ってしまういかみでふ。
布やボタンが買えたからあとはゆるゆる見て歩こう。
可愛らしいマグカップ。
フランスの作家さんものらしい。
見ていると一生懸命説明してくれるパリのひと。
受け答えできなくて、ごみんなさい^^;

a0199262_12521987.jpg


アスパラガスのお皿。
お皿もいっぱいあったけど、
ピンとくるのはそんなになかったかなぁ。

a0199262_12493778.jpg


ヴァンヴの蚤の市にも、
さらりとおしゃれなひとがたくさん^^

a0199262_13105369.jpg


みんな何かをつまみながら、飲みながら、
気ままにたのしんでいまふ^^

a0199262_12494439.jpg


アクセサリー屋さんもいっぱい。
そういえば、この週は、僕の好みのアクセサリーの
おねえさん、出店してなかったなぁ〜。
また10月、11月もヴァンヴにゆきまふから
その時のお楽しみでふ^^

a0199262_12500022.jpg


あ!今、写真見てて思い出したぁ〜!
この絵本可愛かったのに、すっかり買い忘れちゃったなぁ。
ざんねーん🎶こんなうっかりミスもよくありまふ^^
はばないすで〜🎶

次はVANVES ヴァンヴの蚤の市 vol.4でーす^^


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


↑見に来てくれてどうもありがとうございます! 
応援よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 写真ブログへ

LINEスタンプのイカちゃんも宜しくお願いします♡→イカちゃん。

そして、だんな樣のブログON THE ROAD USAです。ON THE ROAD USA/アメリカを30年間で50万キロ走った男の物語。車で走りまくる、誰も体験した事のない旅・・・。アドベンチャーな方、ロマンチストな方、アメリカンミュージック、アンティーク、古着が好きな方…みなさん、ウエルカムカムです。よろしくお願いします!

[PR]
by iwao-icaco | 2017-02-03 13:13 | フランスイギリス2016 | Comments(0)