雨の午前中、咲き始めた庭のバラが、雫で頭が重そうでした。
カットして、部屋の中で飾ってみました。

a0199262_1164312.jpg

ウエッジウッドローズ、ジャクリーヌデュプレ、エヴリンとミニバラ。
とくにエヴリンはすごくよいフルーティな香りがします。


a0199262_11292485.jpg

空き地から頂いて来た、なでしこかな?が、いっぱい咲きました。
風にそよぐ優しい野生っぽい花も大好きです。


a0199262_11295861.jpg

庭の花を摘んで、花瓶に生けたりする瞬間、とても幸せだなと思う。
ずっと、マンションや団地育ちで、限られたスペースだったせいか、
庭のあるお家に、ひどく憧れが強かったみたい。
外国のガーデニングの写真集や、花がたくさんなっているお家を
羨望の眼差し!でよく観察していました。
それは、今もエスカレートしていて、他の勉強は、瞬時に眠くなるくせに、
バラや宿根草の本は、延々見ていられて、どうしちゃったの?です。
楽しいと、こうして集中できるのですかねぇ?


a0199262_12342558.jpg

最近、だんなさまが、買って来てくれたイングリッシュローズの本。
1ページに一種類ずつ、載っていて、花形や蕾の付き方が分かります。


a0199262_121499.jpg

近所にも、オシャレな平屋のお宅があって。
花のなる木や、壁やアーチをつたう花、いろんな植物が
センスよく配してあって素敵で、いつも見とれてしまいます。


a0199262_12145494.jpg

また、いつも、一生懸命、庭仕事をしているおばちゃまの庭は、
今年も、フェンスからこぼれんばかりに、見事なバラを咲かせていて、
キレイですね〜って話しかけてしまいました。弟子入りしたい。。。


a0199262_121162.jpg

これは、葉山のGARAGEのたなかまいちゃんが作ってくれたブーケ。

きょうは、名残惜しいですが、自由が丘に帰らねばならない。
雨が金曜日まで降るから、水やりの心配はないけれど…。
すっかり、わたしの心を掴んで放さない、
花や植物の力って、偉大なり〜。また週末来るよ〜。

人気ブログランキングへ
今日もお花にエネルギーをもらっていまふ。
↑ポチッと応援、よろしくお願いしまーす。
[PR]
a0199262_23165231.jpg

ここ何日か、珍しく早起きしています。
なんだか、庭のお花の様子が気になって、目が覚めてしまう。

a0199262_23183017.jpg

今年、初めて、お家の庭作りを始めました。
いろんなお家のお庭を、外から眺めて観察したり、
本をいっぱい立ち読んだり、ネットでバラや宿根草を見たり…。

a0199262_23152863.jpg

まだまだ、植え足りないお庭の一部です。
完全に植物貧乏であります笑。

a0199262_23133355.jpg
a0199262_23141979.jpg

昨日早起きして、作業する前に。私の休憩場所です。

a0199262_23284892.jpg

奥の茶色い枝はこでまり、そして、シャクヤクと、バラも。
ここに植えたバラは、フランスのマダムフィガロ。
今月中に一気に咲いてくるかと思うと、ドキドキしてしまう。

a0199262_2333586.jpg

反対側の花壇の様子。レンガは廃墟の庭から頂いてきた代物。
我が家のメインの木の一つ、杏の木も見えます。

a0199262_2340128.jpg

玄関へ向かう階段の途中の花壇です。
壁にはわせるのに向いているバラ、ジェネラスガーデナーも植えました。
シャベルで土を掘り起こして、いらない石を取り除き、
土を耕し、植え付けて、掃除して、水を撒いて、本日は終了!
あああ!ちかれた!でも、早起きしてたから、まだ12時前!
早起きって、なんて有意義なんでしょう!ほんと得した気分。

a0199262_23463551.jpg

きのうのマリネしといたチキンやキノコ、ポテトを焼いて、
ごはんと一緒に盛って、ぱくぱく食べました。
なんせ、朝、6時に起きて、バナナとチョコだけで家事&庭作業。
せっせと働いて、ぺこぺこになって頂くって、生きてるって感じ(久々)

いいお天気だったのも後押しして、あわてて身支度して、
4/29から始まっている、千葉県の京成バラ園のバラ苗販売会へ行く事に!
初めてで不安でしたが、NAVI様のおかげで、逗子から1時間半で到着。

園内は写真撮影禁止だったので撮れなかったけど、
各国の作出者別に、たくさんの種類のバラ苗が並べられていました。
自分なりに、たくさんお勉強して、いっぱいメモしたノート片手に、
観察、チョイス開始です。
2時過ぎに着いて、終園の18:00まで居ました。楽しくって!!
おかげで、麦わら帽子かぶってたけど、日焼けしたぁ〜。

主にイングリッシュローズが好きで、特にエブリンがお目当てでしたが、
早々に売り切れてしまった様です。
エブリンは香水の名にもなるくらい良い香りで、
アプリコット色から、ピンク色に変化してゆく、とても可愛い品種です。
でも、あとは、いっぱい揃っていました。

初めて見る品種もたくさんあって大興奮。
フランスのペッシュ・ボンボン(桃のお菓子)や
ゲランの香水の名でもあるナエマも、素敵でした。

a0199262_092348.jpg

ツルバラでは、やっぱり、ピエールドロンサールが
美しさといい、エレガントさといい、色味といい存在感がありました。
でも、どれも、ほんと素敵で、バラはすべて、素晴らしい!

わたしは、イングリッシュへリテージ、シャリファアスマ、
クイーンオブスエーデン、ウエッジウッドローズ、セントセシリアを
大人買いしてしまいました。
今年に入って、いくつ買ったんだ?バラ!
ほんとに育てられるの?責任もって根気よくやってよね!
そんな声が聞こえてきまふ…。
いつになく、一生懸命努力してるつもりです〜。

京成バラ園、バラの見頃は、まだまだこれからです。
今、つぼみがようやく膨らんで来て、少し咲き出した程度。
イングリッシュローズや、各国のローズの新苗、この5月から、
花をつけて楽しませてくれる、良い苗がたくさんです。
また、月曜日は、バラと一緒に植えたい宿根草や一年草など、
いろんな草花の苗が20%引きなので、お買い得でおすすめです。

さてさて、本日はというと、もちろん、午前中は庭をいじって、
「そうだ!もうすぐ母の日だぁ〜!」ということで、お花を買いに。
a0199262_017872.jpg

これは、おばあちゃんに。

a0199262_0173673.jpg

リース風に仕立てられた食卓に置いてほしいこれは、母に。
たまには、お花のプレゼントって、やっぱりいいですね。
送る方も、相手を思い描きながら、お花選んで、いい気持ちに。

作っていただいてる間に、併設しているカフェでひとやすみ。
a0199262_0214317.jpg

↑お店の中で、センスよく飾られていました。
ガラスのボウルに水を張って、いろんな花を浮かせていて素敵。

鎌倉では、切り花などは、ここ、ラカポシさんでお世話になってます。
御成通り沿いにあります。
[PR]
アメリカ横断日記をさぼってしまったぁ。
かなり前なので、思い出をたどるのが、
心地よい時もあれば、難しい時もあります。
しかし、ちゃまが、アメリカに行くと言い出したので、
思い出を整理しなければ!と焦り出しました。

a0199262_23184340.jpg

こないだの続きです。

Maine州Rumfordのモーテルを出て、西南方向へ。
New Hampshire州は、またまたあっという間に横切って、
Vermont 州に入り、North concordという町で朝ご飯。
おばちゃま2人のお店、moose work cafeに。
バーモント産のメープルシロップをフレンチトーストにかけて、
頂きました。新鮮なせいか、さらりと甘くて、美味しかったです。
車に乗る前に、おばちゃん達が言いました。
「この辺は、大きい鹿がでるから、きをつけて!」

森と森に挟まれた道を、ひた走ります。
ほんとに、鹿が出てきそうでそわそわしていると、
飛び出してはこないもものの、ほんとに、道端に鹿を見ました。

VermontのMontpelierという町でひと休み&探険。

a0199262_2153734.jpg

わたしは、またワッフル。ちゃまはパフェに、グラノラも食べていました。

a0199262_2151332.jpg

旅をしていると、普段は気にならない、壁やブロックに目がゆきます。
人の落書きや、残した跡に、不思議と吸い寄せられたりします。

a0199262_21275072.jpg

慈善中古品店、Thrift Shopで、ポッコリした茶色の靴をまとめ買い。
旅のときに楽で便利だし、$3~$5で、とても安いです。
アメリカは、こうした、Thrift shop、慈善事業を目的としたお店が
街町にたくさんあるので、日用品がとても安く手に入って便利です。
Tシャツなんて、50¢〜1.50¢で買えちゃいます。
イエローページ?電話帳で調べるとたくさん見つけられると思います。
日本の古着屋さん、バイヤーさんもこういう所へも出向いるみたい。

a0199262_21283726.jpg

ちゃまは、古本やレコード屋さんに入って、物色中。
a0199262_22591018.jpg

モーリカッツェンの料理本や、版画の本を見つけました。

a0199262_2120542.jpg

そして、The Langdon Street Cafeに入りました。

a0199262_21222723.jpg

ちびっ子を連れた家族ずれや、オシャレカップルがいました。
a0199262_21511515.jpg

こうして、町を訪れるたびにCafeに入って、
ホームメイドのクッキーや焼き菓子、パンを、いくつか買って
食べる事が、記録&思い出になる為、日課になりました。

a0199262_2122176.jpg

ちゃまは、地名の入ったTシャツを見つけるのが旅での趣味の一つです。
カフェやレストランのオリジナルTシャツ、ハーレーやスケボーや
サーファーのTシャツ、ミュージシャンのコンサートTシャツや
大学がある町では、大学のサークルやイベントのTシャツなどなど…。


Vermont州から、NewYork州の北部に入り、
ハイウェイ11をひた走っていました。
田舎すぎて、何もよるべき所がないなぁ〜…、そんなとき、
ナチュラルな、アーミッシュに出会いました!

a0199262_21541173.jpg


緑の中、まったく現代的ではない、厳かな生活を営んでいると言う、
黒い服に包まれた、アーミッシュの人々。交通手段は馬です。
ほとんど、外部との接触はなく、極力原始的な生活をしているそう。
マスコミや、メディアを嫌がるので、カメラでとりたい気持ちを、
一生懸命抑えました。
男の人は、馬にまたがっていたり、納屋付近で作業をしていました。
おばさんや女の子達は、黒い衣服と帽子で不思議なオーラを放ってました。
a0199262_21545033.jpg


無口で殆ど無表情で、静かな感じだけど、ちゃんと近寄って来てくれて、
アーミッシュの人の手作りのジャムと、素朴なパンを直接買いました。
ちゃまは、以前食べたアーミッシュの人のお手製のパイが、
美味しすぎて忘れられない〜と何回も自慢するのです!食べてみたいなぁ。

今や観光めいているペンシルバニアなどの、
観光事業が入り込んだ、アーミッシュエリアではなく、
あまり人が行き交わない、田舎町にこそ、ずっと変わらず
素朴な生活をし続けている、本当のアーミッシュの集落が存在するそう。

今回、そのひとつに、NewYork州のNorth Lawrence辺りで出会いました。

a0199262_22223969.jpg

きょうは道中喧嘩、車内静まり返っていたけど、アーミッシュの出現で、
一気にテンション高まり、それどころではなくなったのです。
いろんな意味で、ありがとう〜、アーミッシュさまぁ〜。

a0199262_22274086.jpg

a0199262_23532434.jpg

Weedsportという、小さな町のハンバーガー屋さんで夕ご飯。
町には、ここしか?食べる所がないみたいで、
みんなここに集まって来ていました。
ホームメイドって感じで、ちゃんとお肉の味がして、意外と美味しかった。

a0199262_2231454.jpg

ハンバーガー屋の向かいに、FOR SALEの錆びれた赤い壁の家。
住んでたおばあちゃんが亡くなって、売りに出てるらしい。
a0199262_22344536.jpg

a0199262_22352481.jpg

もう19時くらいなのに、太陽の沈むのはゆっくりです。
a0199262_223698.jpg

きょうは、475マイルも走りました!結構進んだ一日です。
一日で、Maine州、New Hampshire州,Vermont州,New York州と
4つの州を、走りました。(ほんの一部だけどね〜。)
ニュースが少なかったけど、何より、アーミッシュに出会えた一日!
今日はこれで、おしまい〜。
a0199262_22594435.jpg

WeedsportのDAYS INNに泊まります。

人気ブログランキングへ
見に来ていただいて、ありがとうございます。
↑励みになりまふ。応援よろしくお願いいたします。
[PR]
気づけば今年もゴールデンウィーク!
清々しい、一年で一番良い季節になってきました。

お花は、見てるだけで美しく、気持ちのよいものですが、
最近、バラや宿根草を本で調べては、好きなのを庭に植える事が、
たまらなく好きになってしまい、今、それに夢中です。


a0199262_22141892.jpg

book offで見つけた、参考になるガーデニングの本たちです。↑↓
a0199262_22145033.jpg

また、川本諭さんのjunk garden book―garakuta styling もおすすめ。

特に、5、6月はバラが一斉に咲き、
他の花達も負けずに、競い合って咲こうとして、
種類の豊富さといい、色のバランスといい、
一番いい時期なのではないでしょうか。


a0199262_22262737.jpg

大好きなお花屋さん、自由が丘のブリキのジョーロ。
a0199262_22291477.jpg

a0199262_2230529.jpg



インテリア、模様替え、も大好きですが、
暖かくなって来て、窓の外にも目がゆくようになると、
庭はもうひとつの部屋、特別な空間だと気づきました。

今まで、狭いベランダの小さな鉢に寄せ植えをしていた位で、
広い庭でやるとなると、規模が違って、尻込みしていました。
でも、失敗して少しずつ上手になれる!と信じてトライなのです。

a0199262_22371724.jpg


花の色や背丈で、組み合わせてゆきます。
ほんとは、咲く時期、日当りの強弱、耐暑性、耐寒性、も
考えて進めるのだろうけど、私の脳みそ小さいので、
見た目のバランスだけで、まずは進めてみます。

a0199262_22384689.jpg

a0199262_22392778.jpg

こちらも、素敵な、質の良い苗を取り揃えている、紀伊国屋鎌倉店。

この他にも、よく行くのは、葉山にあるグリーンテラスさん。
特にバラに力を入れていて、親子で切り盛りしている
良心的なお店です。息子さんは、とてもバラに関して詳しく、
おすすめや、良い枝振りの苗、質の良い土など、色々教えてくれます。

また、京成バラ園や、バラ苗専門店コマツガーデンもお勧めです。
宿根草なら、おぎはら植物園さんが、種類も豊富で良いです。

まだまだ、他にも、行ってみたい所、知らない良店たくさん…。
遠いイングリッシュガーデンにも行ってみたいですが、
日本にも、素敵な所はいっぱいあるようですね。
アカオハーブ&ローズガーデン、バラクライングリッシュガーデン…
昨年、訪れた北海道の上野ファームも素敵でした。
きれいだったなぁ〜〜〜。

おうちで少しでも、そんな気持ちを味わいたい。
緑の葉が揺れて、木漏れ日の中、
ガーデニングチェアに座ってティータイム、
庭を眺める…、花を摘んで部屋に飾る…、夢見心地です。

あしたも早起きして、土にまみれて、あくせくしてみます。
[PR]
雨の日のドライブもいいけど、やっぱり、
晴れてるからこそ走りたくなる道もあります。
日曜日、三崎の倉庫の掃除がてら、三浦半島をドライブ。

a0199262_0124967.jpg

前日雨だった後の、晴れのせいなのか、海は地中海?みたいな
エメラルドグリーンに見えました。

a0199262_0165862.jpg

三浦半島を走ると、いつもトスカーナを思い出す。
緩やかな丘がいくつも連なって起伏した土地、畑の見え方、
なんとなく、トスカーナに似ています。
菜の花畑と、その向こうに海、そのまた向こうに房総半島が見えます。

a0199262_02329.jpg

ほんの少し他人様の畑見学です。
土が、すっごく柔らかくって、ふっかふか!
これで、うまみや甘みのあるお野菜ができるんだね!
肥沃な大地ですばらしいなぁ〜!

a0199262_030471.jpg

「この葉っぱって、人参よね?」
試しに抜いてみた、まだ若いけど、いいにおいがして、ちゃんと人参。
これは、ボディがむらさきの人参です。ちゃんと土に戻したよ。

a0199262_0335868.jpg

そして、三浦半島には、道端で新鮮野菜を売っているお店が
たくさんありますが、今の所、私達の中のベスト1なお店が、
ここ、「高梨農場」さんです。

a0199262_112920.jpg

かわいらしいおばあちゃんが、ちょこんと座っています。

a0199262_0434922.jpg

おばあちゃんは、野菜のセンスが、大変素晴らしく、
先見の明というか、チョイスが、最先端なのです!

a0199262_1133873.jpg

定番野菜から、東京でもあまり見かけない、レアな異国の野菜が
季節ごとに変わりながら、並びます。

a0199262_0484584.jpg

腰が曲がっているおばあちゃん、さぞかし、収穫作業大変だろうな。
でも、すごく、詳しくって、楽しそうに嬉しそうに説明してくれる。
その声や姿がすごくかわいらしくって、おばあちゃんのキャラクター
が相まって、ますます、ごヒイキメに火がついています。

a0199262_0423363.jpg

今日買ったお野菜。
ルタバガ、イタリアンパセリ、ビーツ、バジル、
たけの子、グリーンピース、切り干し大根。
ルタバガは、カブとジャガイモの中間みたいな感じで、
甘味や旨味があって、ポトフに入れてみたら、すごくいい味出してました。

a0199262_162663.jpg

美味しい新鮮野菜&新しい情報、ありがとう、おばあちゃん。
素材がいいと、料理するのも、食べるのも、とても充実!なのです。

a0199262_1182610.jpg

おばあちゃんのお店のすぐ脇に咲いていた、優しげなお花。

高梨農場さん/0468-88-1089/月火水休み


a0199262_1232130.jpg

その後油壺を見学する、実は漁師の家の出身なちゃま。
油壺、いつも通り過ぎるだけだったけど、なかなかきれいな港でした。


倉庫の片付け、コインランドリーで洗濯している合間に
小腹が減ったので、三崎港の方へ探険に。

a0199262_1432399.jpg

三崎港のバス停、ロータリー付近。
洋服屋さんも、タクシーも「いづみ」でコラボしている〜。
母の名前が、「いづみ」なので、思わずパシャり。

すぐ隣に、以前来た時にはなかった、気になる建物発見!
港に面して、青と白の暖簾の、どうやら食堂みたい。
a0199262_1461442.jpg

雰囲気がよろしそうなので、入ってみる事に。

a0199262_156269.jpg

2階が客席、三崎の海を眺めながら食べられる様です。
お店の人は、すみれのような、かわいらしい女の子でした。

a0199262_2434098.jpg

お店の中は、ちょうど柔らかい西日が射してきて、きれいな時間帯。

a0199262_1595752.jpg


a0199262_204326.jpg

本日のパンの定食。丁寧に作られた、人柄を表すような優しいお味。
ちゃまは、ごぼうのハンバーグがお気に入りなご様子。
わたしは、ほうれん草のポタージュと、アサリとキャベツのさっと煮が
すごく、気に入りました。
1000円で、こんなに、良い食事は、なかなかできないです。
a0199262_1057263.jpg


a0199262_255838.jpg

ふらっと、立ち寄って、良いお店見つけられました。
三崎は、マグロしかないイメージで、なおかつ、街の大半が、
シャッター閉まり気味な中、良いお店があるもんだなぁと感心なのです。
錆びれた町ながらも、この近くは、古今というアンティーク屋さんや、
Miuという、こじんまりした美味しいイタリアン食堂もあって、
私たちにとっては、穴場な寄り道スポットです。


a0199262_1331618.jpg

お家へ帰って、タケノコをゆでました。
おばあちゃんの野菜を使って、ポトフと、タケノコのマリネです。
スウェーデンのルタバガ、ホックリ甘くて、いい香りで、おいしい!
おばあちゃんの言う通り、一度食べたら忘れられない野菜でした。

a0199262_2375641.jpg

あと、これもおばあちゃんのグリンピース使って豆ごはん。
いつもより、甘くて、香りもうんと新緑って感じで、
やっぱり、おばあちゃんの野菜は、ミラクルだっ!て思うのでした。


人気ブログランキングへ

見に来ていただいて、ありがとうございます。
↑応援よろしくお願いいたします。
[PR]